英会話を学んで多くの企業に求められる|国際社会になりつつある

話すだけではない。

英会話は中学英語を駆使して話そう。

中学の頃に習った英語力は、ほんの僅かですが今でも頭の片隅に残っています。それ以降に習ったことは、授業風景などは思いだせるのに不思議と残っていません。なので、海外旅行の際にも、中学英語を駆使した英会話で、やり取りをしています。不安に思われるかもしれませんが、今まで大きな失敗やトラブルも経験した事もありません。道を尋ねたり、ホテルのチェックインなどは、決まったフレーズを覚えれば大丈夫です。旅先の塩土産物屋での価格交渉で成功した事は何度もあります。必死になって想いを伝える所が良いのかもしれません。そんな英会話力でも、どうにかなってしまうせいか、語学力の向上に力を注ぐ気持ちになれなかったりするのは反省すべき点かもしれません。

英会話は、英語と言う道具を使った会話。

海外に長期滞在していた経験がありますが、特別英語を勉強したり、英会話教室に通っていたわけではありませんが、滞在中は楽しく過ごすことができました。難しいことは考えず、重要なのは話す事だったり、相手に伝えようとすることなのだと感じました。身振り手振りを交えて話すことを恥ずかしいと思う人もいるかもしれませんが、外国人同士の会話を見ていても身振り手振りを交えて話す人は少なくありません。英会話は、会話なのです。ただ英語を使っているだけで、使ってる言葉や文法を評価する人などいないのです。伝えたいことを、言葉にして伝える。その道具の1つとして英語だったり日本語があるだけなのです。まずは、話す事。ただそれだけで、世界は広がっていくのです。